腹筋ローラーできれいな足痩せ

「腹筋ローラー」とは直径20センチほどの車輪で、その中央から左右に握りがついたものです。

人気はあるので、名前は知らなくても見たことのある人は多いでしょう。また、「腹筋ローラー」ではなく、「アブスライダー」などの商品名で呼ばれることも多いようです。

構造がシンプルな分、値段も安いです。が、効果は抜群です。自宅で使う痩身器具は置き場に困ることもしばしばあります。が、これは使わないときは棚の上にでも置いておけます。

実際に使うときも、床に自分の身長程度のスペースがあれば事足ります。

ただ、使い方はちゃんと守る必要があります。ある程度の筋力がないと使いこなせずに、楽な姿勢でやろうとしがちです。となると、今度は効果を発揮しません。

本来の使い方はこうです。@ローラーを左右の手で持ち、床の上に置きます。Aそのまま体を伸ばします。この時に、背中が丸まったり、おしりが落ちていないようにしましょう。また、ひざは地面から浮かします。この状態でローラーを持った腕を前に差し出していくのです。C限界まで行ったら、今度は逆に腕を引いてきます。

理想をいえば、毎日、10回を3セットです。

が、現実にはなかなか難しいでしょう。ですから、まずは、自分のできる回数を3セット、ということで始めましょう。

中には、あまりに苦しく、かつ回数をこなすために、ひざを床につけてやる人もいるようです。が、これでは効果が出ないばかりか、体を傷めることもあります。