むくみは足痩せの天敵です。

むくみはそれ自体が体のトラブルであり、健康の敵です。

ただそれだけではなく、より深刻な状況への入り口でもあります。ですから、むくみが見られるのならば、いち早くその原因を取り除くようにしなければなりません。

まず、脚などにむくみが見られる、ということは、「血液やリンパの流れが悪くなっている」ということを示しています。

必要な栄養素が届けられません。それだけではなく、先に栄養を消費した際にできたカスやら、死んでしまった細胞の成分などがそのままそこに留まってしまう、ということになります。

いくら必要となっても、その部分に蓄積された脂肪を利用することもできません。脂肪をエネルギーにし、熱とすることもできないわけですから、「体が冷えて困る」ということにもなるのです。

よく「脂肪が取り囲んでいるのだから、太っている人は寒さも平気」なんて誤解があります。が、エネルギーとして利用できない面の影響の方が大きいので、「太っているけど、冷え性」ということもあり得るのです。

まだ頑固な体脂肪やセルライトの段階まで行っておらず、むくみだけで済んでいるのならば、対策は比較的簡単です。

オススメの一つは半身浴です。

普通の入浴よりはお湯の温度を下げましょう。三十七、八度が理想的でしょう。つかるのはぜいぜいおなかのあたりまでです。

十五分から三十分ぐらい入っているようにしましょう。汗も大量にかくでしょうから、水分補給も忘れずに。こうすれば、デトックスの効果も期待できます。

風呂上りにリンパマッサージを行えば、相乗効果が期待できます。